税理士 検索

自分の会社を持ちました。経営分析や経理補助をお願いしています

現在、顧問税理士の方に経営についての分析や経理の補助をしてもらっています。

私は元ネイルサロンのスタッフをやっていたのですが、オーナーに見込まれ支店の店長を経験したあと、自分のネイルサロンを立ちあげました。しばらくは自分のサロンの店長をやっていましたが、腕のいいネイリストを雇うようになり、オーナーとして店に出ることは止め、会社経営に専念することにしました。

以前から税理士の方に事務所に来ていただき、税金のことについてお話しています。新しい機器を導入する際の経費削減についてや売上申告のことなどの相談が多いですね。

こういったサロン業界では経理補助にほとんどの店が税理士事務所を利用しているようで、それが当たり前とも言えますが、中には個人事業主としてのやりくりが厳しく、ご自分で納税の処理をなさる方もいらっしゃるようです。私としては断然、税理士の方のサポートを受けるほうが良いと思います。

理由は、税に慣れない自分がやるよりも、その道のプロに書類作成やその他の細かい仕事をしてもらうほうが効率がいいからです。効率が悪い経営ほど綻びの出やすいものはないと思います。よくわからない書類と格闘して自分の時間がなくなってしまうのは損ですし、料金にしても、節税できる分と比べてみればそう高くないことは一目瞭然ですから。

また、税理士の方と相談を重ねることで、見えてくるものもあります。例えば売上がイマイチ伸びないといったとき。損をしない納税の方法などを一緒に考えてもらえるのは大変心強いものがあります。そうすると「一体何で損をしているのか?」「何を切り捨てればよいのか?」を考えるようになります。

そして、もうひとつ、私が税理士の方にお任せしたい理由は、会計ソフトと無言で向かい合うよりも、会話のキャッチボールができる税理士の方との付き合いのほうが心が洗われるから、というところにあります。もっとも、いつも処理の関係で会計ソフトに向かってくれるのは税理士の方のほうですが(笑)。

プロのおかげで節税に成功し、会社を立て直すことができた

父から譲り受けた事業は私が継ぐ前から赤字経営が続いていて、当初は立て直しに情熱を燃やしていた私も黒字回復など見込めず、このままではうちの会社は倒産してしまうのではないか……と諦めるほどに酷い状況でした。

そこで最後の頼みの綱だと思い、これまで考えもしなかった税理士さんの協力を仰ぐことにしました。会計事務については会計ソフトを使っての経理を身内に頼んでいたのですが、それでは埒が明かないと思いました。

何故選んだのが会計士ではなく税理士であったかというと、会計上になにか問題があるようには思えなかったからです。私自身はこの経営の苦しさを打開する手が「税金にあるのではないか」という予想は漠然としながらも持っていました。よく「税金を見直したら今まで損していたことがわかった」という記事などもインターネットで目にしていたせいもあります。

身内を悪く言いたくはありませんが、会計士の彼女はほぼ素人といっても過言ではありません。それが税理士さんを雇ってから経営状況がまたたく間に変わりました。なんといってもそこはプロというか、これまで沢山の事業経営を例に、悪い部分を見つけ、指摘し、改善してきたという実績が語らずとも数字でわかる、といった具合です。税理士さんに面倒を見てもらうことによって、これまでの俗に言う“無駄に払っていた”税金がキレイさっぱりなくなったのです。

払わなくても済む税金というと語弊があるようなのですが、要するに、本来必要のない余分な税金がなくなったおかげで、別の経費に回すことができるようになりました。節税という思いもよらなかったことの施行、その手助けをしてもらったことで、なんとか経営を続けていくことができています。本当にありがとうございました。

余裕ができれば毎月の顧問料をお支払いして、また経営を支えて頂けないかと考えています。

ペンションを経営しています。税理士さんにお世話になってます

夫婦で資金を集め、ペンションを経営を始めてそろそろ5年になろうとしています。開業前から立地条件や建物の賃貸の条件等を税理士さんに相談し、準備を進めてきました。

資金は開業に賛成してくれた私と妻の両親や、親類からも受け取りましたが、その際などは税理士さんのアドバイスもあり、相続時精算課税の選択をすることによって贈与税をゼロにすることができました。また、多額の金額を時期をずらして、一年またいでから受け取ることによって節税ができる等のこともわかり、大きな得をしたような気分でした。

相続や贈与に関してもそうですが、暦年課税なんていう言葉を始めて耳にして驚きました。こんな仕組みを知っていなければ、先々もきっと損をしただろうと思うと、苦笑いです。

もちろん、始めてのときには税務署に対する申告の書類の作成もお任せしました。料金が高そうだと思ったのですが何せかなり闇雲に相談してしまった面もあり、我々夫婦が事務所に足を運ぶよりも税理士さんのほうが我々を訪ねてくださった回数のほうが多いのではと思うほどで、それなのにあの相談やこの相談は無料だったのか……?というような額しか請求されず、こちらもまた驚きでした。

実際に経営を始めてからも、毎月一度の訪問による相談をしています。我々には子供がおらず、料理については妻が全て取り仕切っていますが、ベットメイキングや清掃、お客様の案内等には人を雇っています。そういった雇用の部分での税金のことなど、決算についてお世話になっています。

他にもこういったときに節税はできるのだろうか?という質問から、ペンションの売上についての上手な納税の仕方……。次から次へとわからない言葉が出てくるのですが、ひとつひとつ丁寧に説明して頂き、夫婦ともに税理士さんに絶大な信頼を寄せています。

遺言状を書く際に、相続や贈与について税理士に話を聞きました

長い付き合いだった友人が息を引き取り、自分自身も人生の終わりについて思いを馳せるようになりました。持病を持っているわけではなく、体も今はすこぶる元気ですが、友人も同じような状況下にありながら突然肺炎にかかって逝ってしまったので、人生とはかくもあっけらかんとしたものだと強く感じたのです。

私はさほど大きくはないものの資産を持っており、死後はその財産については妻と息子二人、娘一人に分与・そして世話になった親族にも贈与したいと考えていました。土地や家のこともあり、当初は遺言状の管理などを含め弁護士にでも依頼すべきかと思っていましたが、未知のことだった相続税や贈与税についてさらに詳しい知識が欲しくなり、税理士に相談しようと決めました。

というのは、私と同様、税についてあまり明るくなかった別の友人が、流行りのエンドノート(このようなものを書くことを最近では終活とも言うそうですが)を執筆する際に少しお世話になったということだったので、話の流れで紹介してもらうことになった次第です。

法律に則った贈与の方法、財産の分配とその時にかかる税金について丁寧な説明を受け、たどたどしいながらも遺言状を完成させることができました。

さすが税に関しての専門家というべきでしょうか。税金の細かな仕組み、例えばここにはこのような税がかかってくる。できれば、こうしたほうが上手く分配できる……といった情報をしっかりと持っていらっしゃって、そればかりではなく親しみやすい軽快な世間話などのトークも充実した頼もしい、そして楽しい先生でした。

自ら会社を経営していたときは税理士なんて会計だけするものだ……と思っていた自分を恥じる気持ちでいっぱいです。時代が変わったせいもあるでしょうか。しかしながら、誠意のある対応と安価な料金は良心的と言わざるを得ないでしょう。大変良い方と巡り合えたと思っています。

書きあげた遺言状はまだ家族には内緒にしています。しかるべき時が来て、会社経営を継いだ息子が封を開け、そこに私がお世話になった税理士事務所の名刺が入っていることを父親のジョークとして微笑ましく受け取ってくれることを密かに願っています。

店舗を持たないインターネットで事業の税金について尋ねました

脱サラして、インターネットで新たに事業を展開しようと仲間内で計画を進めていたときに今の税理士さんと出会いました。設立メンバーは誰も税金に詳しくなかったんですね。会社を立ちあげるのにそれはまずいと思って、とにかく良さそうな事務所を片っ端から当たってみました。それで辿りついたのが今お世話になっている事務所です。

まだ事業を始める前、「法人の予定ですか?個人の予定ですか?」と尋ねられたときは一瞬固まりました。

なんでも法人として会社を立ち上げるのと個人事業主として経営していくのではメリット・デメリットが違うんだそうです。事業立ち上げとか大きなこと言ってるヤツがそんなことも知らないのか、とつっこまれそうな無知さですが(笑)、あのときのことを思い出すたびに「早めに税理士の先生に話を聞いてもらって良かった」と思います。

資金組みにも不安要素があったのと、個人事業主であれば青色申告の特別控除などが適用されると聞いて、それでは……と、最初は法人登録予定だったのですが、見送りました。

もし法人登録してしまっていたら、2年ほど前なんかは本当に経営が辛かっただろなと思います。法人だと法人としての最低限の税金を支払う義務があるとのことだったので……お恥ずかしい話ですが、事業を始めてすぐの頃は赤字スレスレのギリギリ経営だったので(ちなみに、小さなレンタルサーバ会社です。ポータルサイトも運営しています)税金を支払う余裕がありませんでした。

今、税理士の先生には年間を通しての税務についてお世話になっています。件の青色申告も代行で書いてもらっています。ときどきは運営についての相談にも乗ってもらってます。『いかに経費を節約するかはいかに税金を抑えるかに繋がる』……ということがよくわかりました。事業経営については仲間とともに道を探っている途中ですが、そうして納税以外の経営について考える時間に余裕ができているのは有難いです。

アフェリエイトで稼いだお金のことを相談したら得できました

夫はしがないサラリーマンです。子供は小学校に入学したばかり。パートでのお給料は毎月の生活費にまわしています。子供の習い事などにもそれなりのお金が出て行ってしまうので、自分が自由に使えるお小遣い……なんて夢のまた夢でした。そんな生活にうんざりしてしまって、何か副業ができないかと思っていました。

ですが家事に子供の面倒(習い事の送り迎えとか)と忙しくて新しいアルバイトもなかなか見つからないし、雑誌に載っていた「アフェリエイトで稼ぐ」「オークションで稼ぐ」という方法をやってみることにしました。これまで夫の扶養家族として税金は支払っていなかったので、アフェリエイトやオークションで副収入のある人は税金について知ろう!っていうことが雑誌に書いてあったのですがよくわかりませんでした。

インターネットで調べてみたんですが、やっぱりよくわからなかったので、結局雑誌に書いてある通り税理士事務所にきいてみました。

そういうのに相談すると料金が高いんじゃないかな~と思ったのですが、思ったよりも、安い?

とにかく、電話をした時点では相談だけでも大丈夫ですよと言ってもらえたので「納税についてわからないんですけど」と素直に言いました。税理士さんて頭がすごくよくって上から目線なんじゃないかなと心配してたのですが、そんなことは全然なく、丁寧にひとつひとつ解説してくださいました。「こんなことお金を払わずに教えてもらえるの!?」と思ったくらいです!

そのあと確定申告、白色申告、これは経費として落として、こういうことは税金を支払うんですが……と教えてもらったのですが、はじめての言葉に戸惑うばかり。結局一回料金を支払って、書類を作成してもらうことにしました。

とても優しく解説もしてもらい、これも経費にして落としたら納税しなくてもいいんですよ~みたいなお得な情報も教えてもらいました!

うまくやりくりすれば無駄に税金を支払うことはないので、知らなければ支払っていたようなお金を溜めることでちょっとしたぜいたくができるようになりましたし、あの時お世話になった税理士さんには感謝の言葉しかありません。

税金のことって思ってたよりも相談しやすかったです!

美容師として働いて十数年、ようやく資金が溜まり、独立しようかと思い始めました。

でも、美容業界の独立は結構厳しくて。シャンプー台や美容器具も最新のものを全て揃えられるだけの余裕はなく、必要最低限の最初の設備投資には思った以上のお金がかかります。それが心に引っかかっていました。

それに、店舗を構える土地柄昔から美容、理容業でライバル店も多くて……腕を磨きながらこつこつと計画は進めていたのですが、独立を決めた後もちゃんとやっていけるのだろうか?と不安はなかなか消えませんでした。

一番不安だったのは税務のことです。これからは雇われる側ではなく、自分が美容師を雇うことになります。独立したあとも自分の実力を伸ばすことはやめたくないですし、美容師としてのスキルを伸ばしながら、人を雇い、経営するということの大変さに加えて、税務の知識がないということは大きなハンデのように感じました。

そこで、多くの開業のお手伝いをしていたという税理士さんにお願いして、税金のことを任せられないかと思いました。独立の前に事務所を探してまず相談をし、美容師として独立したいことを伝えました。

担当になってくれた税理士の人はとても親身になって話を聞いてくれました。また、今まで僕と同じような気持ちで独立してきた方の経験談を聞くことができました。開業前に、こういったことで税金を減らせるということや経費自体はこうして減らすことができる……など、僕が不安に思っていたことを次々に解決してくれたので、いつしか不安も消えていきました。

こうして相談を重ねていく上で、顧問料として月々に支払う金額もこれなら捻出できるだろうということで、経理関係のことは税理士さんにお任せということにしました。無事開業してまだ間もないですが、スタッフの給与に関することやこれからの設備投資に関する税金のことなど、本当に何もかもというくらいに頼ってしまっています。

そして、今では以前勤めていた店でのお客さんが新しい店舗に来てくれるようになっただけではなく、削減できた経費を広告費として使うことで、新規のお客さんを得ることができるようになりました。このおかげで当初は赤字近くなっていた売上も伸びました。

次は最近の理容器具を導入したいなと思っています。顧問税理士さんとは「もう何年かしたら店舗リニューアルなんかもいいですね」などと明るく会話できるほど親しくなりました。正直税理士さんとというとかたいイメージしかなかったんですが、とんでもない誤解だったんだなと思います。税理士さんとの信頼関係があるおかげで、未来がとても明るく感じます。

開業に不安だったときに心強いアドバイスをもらいました

地元にひっそりとあったブックカフェに憧れて、とうとう自分でもお店を持つことにしました。今まで普通の主婦だった私は、本が好きでコーヒーも好きだ!という気持ちひとつでお金を溜めてきたのですが、いざ開業となると予想外に考えなければならないことが多くて戸惑いました……。

そんなとき、開業することについて話していた友人から紹介してもらったのが今お世話になっている税理士さんでした。税理士という職業があるのはなんとなく聞いたことはあったんですが、税理士になじみがない私にとっては「とにかくお金のことで困ったら相談したらいいのかな?」というくらいにしか考えていませんでした。一応名刺だけもらってそのまま放置していました。

お店自体は実家を改装し、リフォーム工事のような形で作りました。ブックカフェはまあまあ順調に経営できて、はじめての確定申告の時期がきました。順調な経営といっても、家族を持つ私は家庭とお店の二足わらじの生活だったので、毎日がめまぐるしくて……このときようやく、「そういえば税理士さんに相談してみよう」と思い始めました。

そうしたらもう目からうろこな話がたくさん!開業のときの店の改装費等も、納税の時に申告できると教えてもらいました。もし一人で確定申告をしていたら(たぶん、記入する時点で混乱して、友人を頼ってしまいそうですけど……)損していたんじゃないかしら!?と思うくらいに今まで知らなかったことを教えてもらいました。

開業前にも相談できたらもっと良かったと思います。情熱だけで前知識がなかったことをとても悔みました。

無事に一年目の確定申告を終えて、現在は二年目の申告もしなければならない時期になっています。私は経理を雇っても居ない、本当に一人(とバイトの子)での経営なので、三年目からはいつもお世話になっている税理士さんを顧問として雇えないかと思っています。

納税についてまかせられるおかげで執筆に集中できるようになりました

趣味で少女向けの小説を書いていましたが、インターネットで作品を公開していたら出版社の編集者さんから声がかかって地味ながらも小説家としてデビューしました。

原稿料や印税の仕組みなど、話には聞いていたんですが最初は作品も鳴かず飛ばずなで、自分が作家だということに現実味がなく、執筆活動以外にはアルバイトもしていましたが、世の中のお金の仕組み等まったくわかっていませんでした。

私は、当時はまだ大学に在籍中で、お金を稼ぐといっても前述の通りアルバイトくらいしかやったことがありません。でも、段々作品が売れるようになってきて、そろそろ納税について学んだほうが良いのではないかと思い始めました。今思えば、納税の義務もあったわけですから。でも正直納税がどういうものなのか、学生にはさっぱりだったのです。

そんなある日、売れっ子の作家さんなんかは税理士さんに頼む人もいると聞き、自分も相談くらいはしてみようかと思い、電話することにしました。

実際電話をかけるまでは「自分なんて税理士に相談できるほどなんだろうか……」などと悩んだりもし、ギリギリまでずっと緊張していました。ですが、電話口でとても丁寧な対応をしてもらったとたん、気を良くした私は納税について、あれこれ質問しはじめました。ただ、本格的な相談や納税についての作業を代行してもらうということになると、料金が発生するとのことでした。その時は料金のことに不安があり、電話を切ってしまいました。

が、思いなおしてもう一度電話をしました。一度納税についておまかせしたいのですが、と。やはり餅は餅屋なのだと思ったからです。これが正解でした!

今だから言えることですが、作家というのはそんなにもうかる職業ではなく、特に売れない最初の頃というと源泉徴収税だけでもとられると苦しいものなのです。ですから、なるべく無駄には税金を払いたくありません。そういったかゆいところに手が届くような納税処理を、税理士の先生がすべて手配してくれたのです。

例えば作品イメージのために購入した風景の写真集も資料として経費で落とせるとか、担当さんとの打ち合わせのために出版社に出向いたときの交通費も経費だとか。私はレシートを出すだけで、他の処理は税理士の先生がしてくれました。

あまりにも感動して、売れ行きが順調になった今でも同じ税理士の先生にお世話になっています。あれこれ悩んでいたのが嘘のようです。税金についての心配がなくなったおかげで繁忙期の執筆作業もスラスラと進みます。本当に、有難いなと思うばかりです。

税金についての知識はゼロだったが、実家の農業を継ぐことができた

30代前半、独身男性です。三年前に父親が他界し、田舎に帰って実家の農業を継ぐことになりました。

自分はそれまでサラリーマンをやっていました。将来的に農業に関わるつもりはなかったのですが、突然の父の死に動揺している母を一人で置いておけずに、稼業を継ぐ決心をしました。

就職するまでは実家にいましたが、急に農業のノウハウのようなものを押し付けられてもなかなかうまくいかず、最初は何もかもが始めてのことでうまくいきませんでした。さらに、父は稼業の全てを取り仕切っていたので、母一人ではわからないことも多かったようです。

特に確定申告については頭を悩ませました。今までは給料明細書をなんとなく眺めていればよかったのですが……。

同じ農家の知り合いの人に聞いてみたら、その人は税理士に相談しているということでした。自分で確定申告について考えても頭がこんがらがってくるので任せていると言っていました。なので、自分も税理士に相談してみよう!と思ったのです。そのときはとにかく他に考えることが多くて苦しかったのを覚えています。

相談に応じてくれた税理士さんは男性でした。実際に相談してみて青色確定申告がどのようなものか、なんとなく理解することはできました。とても物腰の低い丁寧な物言いの方だったので、好印象でした。

自宅で消費した作物などはどういうカテゴリーに当てはまるのか?とか、一年目はサラリーマン時代の収入もあったりして、ややこしいなと思っていたことも全てサラリと解決してくれました。作物を育てるばかりで書類の書き方がさっぱりだった母も一から丁寧に教えてもらいました。

今、なんとかやっていけています。それでも問題は次から次へと出てきて、お金が絡むことについては新しく悩みが出てくるのですが……。そのときも同じ税理士さんにまたサポートしてもらえればいいなと思います。

サイトマップ